仕事や写真データの安心バックアップ、新しいパソコンへの簡単引っ越し、ハードディスクデータの完全消去など多機能ソフト
仕事や写真データの安心バックアップ、新しいパソコンへの簡単引っ越し、ハードディスクデータの完全消去など多機能ソフト
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2ブログ

ストア版Office365も有るんだ。

キャプチャ1
Office365 solo契約したら、ストアのマイ ライブラリにOffice365 soloが表示されていました。

キャプチャ2
管理をクリックすると、ストア版のOfficeもインストール出来るようです。
インストールしないけど。
だって更新失敗して突然英語表記になったり良い評判全然聞かないんだもの。
スポンサーサイト



ブログをSSL化してみました。

キャプチャ
今更ですがブログをSSL化してみました。
Chrome等では今後、SSLでないページは表示出来なくなるようですし。

複数バージョンのWord混在時の注意点。

ココ!にも有る通り、Wordだけは複数バージョンを混在させる場合には注意が必要な様ですね。

Office2010 StandardとOffice365 soloを共存させる場合やっておくべき事。

こんな事する人は普通いないと思いますので、ネタとして書いておきます。

先週からOffice365 soloを使い始めた筆者ですが、よせば良いのにOffice2010 Standardも
アンインストールせず残して有ります。理由はまだサポート期間が残っているから!てだけで。

Office365 soloは文句無く快適なのですが、今朝よせば良いのに何気なくOffice 2010のWordを
起動させてしまいました。
すると、「アプリーションの再構成をしています」と言う何やらインストーラー見たいな物が走り出しました。
作業は1分程で終わったので、「違うバージョンのOffiveを共存させているかなかな?」位な
軽い気持ちでいました。

問題が発生したのはそれから1時間位後
いつもの様に仕事をしようとExcelファイルをダブルクリックした所、365では無く
Excel2010が起動するでは有りませんか!しかも、起動はするものの
画面は真っ白、さっきの再構成で不完全に修復されたようです。
要は
・ファイルの関連付けが2010に移ってしまった
・Excel2010は不完全に修復された

これでは困るのでググってみました。
すると、以下の事が解りました。
・ファイルの関連付けは最後に修復インストールをしたOfficeのバージョンになってしまう
・Wordを起動させると毎回、レジストリを更新に行くので、対策が必要で有る

それでは私がやった事
1.プログラムと機能からOffice2010を選択し、修復インストール
(壊れたExcel2010を直す為)
2.同じくプログラムと機能からOffice365を選択し修復インストール
(ファイルの関連付けを365に戻す為)

そしてここからが重要、再度Word2010を開いても再構成が走らない様にする為
3.レジストリの修正

3.のレジストリの修正は手動でやっても良いのですが
私はココ!に有る1番目のツールを使いました。

ツールを適用後、念の為PC再起動。

再起動後EXcelとWordのファイルをダブルクリックして正常に閲覧できることを確認。
Word2010を起動させても、再構成が走る事は無くなりました。

マイクロソフトはMSI形式とQuick To Run形式の共存は出来ると書いて有るのに
またもやアクシデントに遭遇。

普通は古いOfficeは素直にアンインストールしますよね?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログランキング

FC2Blog Ranking

StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Counter
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク